やまもり

山森(故障派)と森山(特になし)の文集

ログ殺しの少女(エピローグ)

 

reonnona.hatenablog.com

 

 

十三名の男女の遺体を収容。女性一名が行方不明。
結果はそれだけ。

 

嵐が去り航路が回復すると、まるで、ジョジョ五部に出てくるスタンドが過程を消し去ったかのように、結果だけが残った。閉ざされた島の殺人事件は好事家たちの妄想を慰めたが、すぐに超越されて「彼ら彼女らは一体なにと闘っていたんだ(笑)」なんて短いコメントたちが現われては、それらもログの地層に沈んでいく。

 

噂によると人繋ぎの財宝をめぐって争っていたらしいぜ。たかがブログだろう? 財宝なんてあるわけない。で、毎日毎日文章を書いてなんか見つかったの(笑)。でも俺たちを楽しませてくれたじゃん、もっと殺しあえー。ログを殺すようなクズがクズに殺されただけです、はい終了。おまえも殺ログを楽しんでるクズじゃねえか。つ鏡。

 

決して真実へ辿りつかず、死という真実にさえ辿りつかず、繰り返されるログの死だけが続いていた。

 

黄金体験(ゴールドエクスペリエンス)。十四人の、結果的に悲惨となった、孤島での体験は黄金に輝いてはいない。連鎖する殺ログを止められなかった探偵の苦悩。人と人との繋がりを信じた少女たちの逡巡。殺ログの罪を背負って海へ身を投げた最愛。それら十四名の物語は嵐が消し去り、結果だけが残った。

 

十三名の遺体を収容。女性一名が行方不明。

それは知識。
それは情報。

 

この世には知識だけが残り、少女たちの体験は、誰かが語らない限り残らない。推理小説の犯人やトリックだけを求めるような結果主義者たちのスタンドが経験を消している。僕の胸は死んだ少女たちが放った矢に貫かれた。僕の眼には人の精神が映るようになった。傍らに現われた自身の精神像に「黄金体験」の名をつける。

 

これからは僕が立ち上がる新しい物語。情報に殺され続けた体験が、輝きを取り戻す物語。誰かが消し去るなら僕はそれを現して紡ごう。更新され続ける死んだ知識に殺された、少女たちの身体へ捧げるレクイエム。黄金体験鎮魂歌、