やまもり

山森(故障派)と森山(特になし)の文集

パーティー券、テーマブログの疲弊

 

 

眼が痛みを見ることに関して好きな著者がこう書いてた。
「痛みを量る眼によって世界の全てが変わる」

その人がそう書いていたからわたしも「痛みは見えない」なんて書きだしたに違いない。そういえば、ドラゴンクエスト11を始めた。そこにもまた、見えない精霊?みたいなのがそこいらじゅうに歩いてる。ゲームの始まりはエディプス王物語みたいな始まり方で(父も母も主人公は知らない)、彼の最初の冒険は山に登って頂からの景色を見ること。わたしは「山頂からは広い世界が見えた」と村長さんに報告した。それが彼の育った村に伝わる大人の儀式なんだってさ。しつこいわー物語って。何千年も前から何度も同じことを語ってるんだから。

 

叩かれている少年たちを少女が見る。

「痛そう」「かわいそうに」もしくは「ざまあみろ」だって痛みを量るという行為において同じ。なぜ、痛みが量れるのか。痛みがその景色から読めるのか。痛みが読めなかったら「ざまあみろ」とも思えない。これは、死んだ魚を見て「おいしそう」と読んだり「かわいそう」読んだり、読みが分かれるのと似てる。昔のわたしは、刺青を見て「痛そう」と感じたり「綺麗だ」と感じたりする分かれ方から考え始めた。

なぜ、叩かれている少年たちの痛みが少女に量れるのか。気持ちいいって思ってるかもしれないのに。これは、どうして文章が読めるのだろう?とそっくり。読めるから読める。あたりまえに読める。それが読める身体だから。

 

「Azureインテグレーションがradiocashに対応した」。

これ、わたしには読めない。読めないから関係ないとわたしは思うのか、関係ないから読めないのか知らないけど、読めなくてもたいしたことないだろうって思う。だから、読めなくても平気。なんかプログラムの話なんでしょって、なんとなく分かるから。

そんなのでわたしを起こさないでよね。こっちは眠いんだから。

わたしに関係のあることだけを、わたしに分かるように、丁寧に、優しく伝えてね。わたしが分からなかったら、わたしが理解するまで根気よく何度でも伝えてね。よろしく。わたしに関係する大事なことを、わたしに分かるように伝えないなんて許さないからね。

絶対に許さない。

もし、インテグレーションがなんとかキャッシュに対応すると、わたしが損するのだったら。

許さない。

そんな重要なことをわたしに読めない言語で表すなんて許さないから。いいわね。わたしに関係することはわたしに読めるようにすること。

この約束、破ったら酷いから。


わたしを置き去りにしてAzureインテグレーションは勝手に進む。それを読める人たちだけで進んでく。「痛そう」と量れる人たちで盛り上がって、「おいしそう」と読める人たちで酒盛りして、「Azureインテグレーション」を読める人たちだけでパーティーしてる。いいなあ。そのパーティー券。「なんで痛みが読めるの?」を読もうとする人たちは盛り上がってない。わたしゃいつも置き去りよ。

 

ああ、これがid:lookwho さんが言ってたテーマブログの疲弊ってやつかな。いきなり言われたから、わからんかったよ。ンなこと言ったら、わたしなんてどうすりゃいいの。叩かれてる少年を見る少女の眼がなんで痛みを量れるのかさえ問いへ投げ込んでるんだぜ。「かわいそう」で盛り上がってる今の人たちを横目で見ながら、わたしは、もう死んでしまった著者さんたちの生きてる死体とゾンビ舞踏会。寂しさと恨みで化けて出るくらい許してよ。


なんで眼で痛みを量れるのかな。どこから文章を読めるっていう自信がくるのかな。なんで、大切なことは誰かが教えてくれるっていう約束があるみたいになってるのかな。

 

ドラゴンクエストの主人公には幼馴染がいて、彼女が飼っている犬と三人で試練の山を登っていくのだけど、幼馴染が闘わない。スライムとの戦闘中も幼馴染は「闘いの行方を見守っている」。ようするに見てるだけで主人公と犬が闘ってる。たまに薬草をくれるから、いいけど。勇者は辛いよね。闘わない人の分まで闘ってさ。そりゃあ勇者と魔王は表裏一体って言われるよ。

それで、勇者は秩序を守ってる王様から追われる。主人公は社会の敵になっちゃう。
スライムとも闘わなくちゃいけないし社会とも闘わなきゃいけない。物語は現実模倣。どんな小さなそれも大きなそれも現実模倣。ゲームだって四コマ漫画だって変わらない。誰だって秩序を守る会社とかと闘っているでしょうに。そうじゃなかったら主人公や物語に感情移入なんかできっこない。

感情移入と呼ばれる魔法。
自己愛と呼ばれている魔法。

魔法ばかり飛び交っててうるさいから、わたしは解いてる。

解くのに頼れるのはゾンビ(亡くなった著者たちと、その継承者たち)との幻肢ダンスレッスン(どんな風にシャキシャキ身体を動かせばいいか叩き込まれました)だけ。マイケルのスリラーみたい。ちょっと滑稽と恨みが混じってても許して。こっちはさみしくて不気味なゾンビパーティーなんだから。