やまもり

山森(故障派)と森山(特になし)の文集

日曜日はポップソングみたいに過ごしたい

さわやかな日曜。

これは寝る前に思ったのだけど日曜の午前にゴシップショーをやるのって反則級にウザくない?

起きたら暑くて、エアコンを効かせた部屋で一日中過ごそうと思ってたのだけど、ワイドナショーのあとこのまま新婚さんいらっしゃいとアタック25を観て迎える世界線からは一応逃げておかねばと外出した。

近くの公園で散歩するつもりで出かけたのだが車にのったら凄まじい外気温(35℃!)でダメで、相席してるみたいに息苦しい平野からはもう脱出あるのみ! 勢いで涼しさの期待できる高原へ向かった。

キリンジの昔のアルバムなんぞをかけながらたどりついた牧場でアイスクリームを食べ、カピバラやポニーを愛でてなんとか、ポップソングとまではいかなくとも童謡くらいの日曜にはたどりついた。小さな子供を連れた家族が多かったから童謡。ヤギにエサをあげてた幼女が可愛かった。月曜日のわたしよ、こんなもんでたのむよ。